前へ
次へ

プログラミング教育における教育問題の問題点

プログラミング教育が、小学校の中で取り入れられようとされています。
この教育内容は、プログラム言語を使ってのプログラム内容では無く、物事を組み合わせての違った表現方法を学ぶ、応用力と考える力を養うため目的が背景に隠されています。
ただし、このプログラミング教育においては、教育問題が存在します。
そもそも、教える側の教員自身が、プログラミングで活用する様な新たな論理的考えや、応用的な考え方が身に付いておらず、本当に教育として教えられるのかの問題点があります。
国の方針としては、プログラム教育が必須の教育方針としており、教育に必要な端末の用意や、学習専用のソフトの必要は、多額の費用がかかるでしょう。
この教育問題は、必ず取り組まなければならない教育問題であり、今後の未来は、プログラムの必要性が大いに高まってくるためです。
ただし、この教育内容に反対されている学者もいます。
なぜならば、多くの国民がプログラムに携わる仕事に就く訳でも無く、基本的な算数や数学などの知識がプログラム言語として表現されるものであり、プログラム言語を学ぶのはそれ以降で充分と考える事ができるためです。

Page Top