前へ
次へ

経済界から見る、子供への教育問題とは

本来の教育の意味は、子供が大人になって社会人として対応できるための教育内容が本来あるべき姿でしょうか。
ただし、教育問題として、経済界が求める人材とかけ離れた教育に力が入れている傾向があります。
そもそも教える教員は、社会的に必要な知識を持ち合わせて教育を行っているのではなく、教養としての知識を子供に教育している傾向も高くあるはずです。
そのため、学校で学んだ内容が、実際に社会に出て働いてみると、全くと言って使い道が無い話などもあるでしょう。
現在の子供の多くは、インターネットに触れている環境が増えているにも関わらず、パソコンが扱えない子供や成人も多く存在します。
スマホの普及によって、ブラインドタッチが行えない成人も増えており、現場で使えない人材も増えているのです。
経済界からすれば、これを教育問題として取り上げ、学生時代から使える様になっていて欲しいと思われているでしょう。
現在の子供達は、同年代同士で遊ぶ傾向が強く、違った年上の人達とのコミュニケーションが苦手な傾向も増えています。
これも教育問題であり、上下関係においてのコミュニケーション経験をもっと盛んに行うのが望ましくもあるはずです。

Page Top