前へ
次へ

教育問題が原因、ニートを生み出した要因

社会問題として、引きこもりの大人のニートと呼ばれる人々が増えているとされています。
ニートを生み出した原因の中には、教育の在り方としての教育問題が背景に隠されている可能性が考えられます。
日本の教育は、子供達の評価を点数によって採点し、子供達が競う様な環境も存在します。
全ての教員ではありませんが、教員の傾向としては、高い点数を取る子供に高い存在価値の評価を与え、低い点数の子供は、存在価値を低く評価する傾向もあるでしょう。
これがニートを生み出す教育問題であり、社会は必ず点数によって評価ができる内容ではありません。
学生時代高い点数を取っていた人でも、社会において必ず成功を収めるとは限らず、一度の挫折が社会での適応力を失う場合もあります。
高い存在でなければ存在価値を認めない社会環境は、存在価値を低く感じている人にとって、社会に溶け込むのに不安な場合も現れやすくなるでしょう。
高い点数による評価は、それが正義だと錯覚を起こしやすくもあり、社会が求める正義に対する価値観とのズレもあるはずです。
学歴が高い政治家が、国民にとって必ず良い政治を行うとも限らず、点数だけの評価は、根本的な教育問題であるかもしれません。

Page Top