前へ
次へ

海外から見る、日本の教育問題、校則について

海外においても校則というものは存在しますが、日本の校則は、海外から見ると少しおかしな点が存在します。
日本の教育問題に繋がる話として、服装や髪型などに厳しいルールが制限されています。
この校則の考え方は、できるだけ他人と同じ姿ではなくてはならず、和を尊重し、一緒に価値観を共有しながら教育における成長の目的が隠されているでしょう。
海外からよく言われる日本人の特徴として、日本人は全員右を見れば右を向き、川に飛び込むのは、他の人も飛び込んでいるため、自分も飛び込むのが日本人だと揶揄される場合もあります。
全て同じでなければならない考えは、共産主義的な考えであり、資本主義である民主主義の日本の教育としては、教育問題として挙げられるのではないでしょうか。
今後の世界経済は、特徴のある力を持つ企業が生き残っていくとも言われています。
この教育問題を疎かにすると、日本の経済力は地に落ちてしまうかもしれません。
現在、日本の校則も、割と緩和されている傾向にありますが、海外に比べればまだまだであり、学校の校則に大改革が必要とも呼べるでしょう。

Page Top