前へ
次へ

教育問題に関わるかも、天才と秀才の違い

天才と言う言葉と、秀才と言う言葉は、同じ様なニアンスがありますが、言葉の意味としては全く違います。
天才は、新たな高い価値観を生み出す才能を持つ人であり、秀才は、既に存在する多くの知識を持ち合わせている人です。
これが教育問題として関わる話であり、日本の教育は、秀才を生み出すのに力をいれている教育でもあるのです。
かの有名なエジソンは、学校の成績は悪かったとされていますが、新たな技術を生み出す天才でもありました。
天才の多くは、自分自身で考える力も高く、問題定義を自分自身の中で見つける力も高くあります。
日本の教育問題は、日本の教育において、この力が弱まっており、新たな価値を生み出す天才が減っているとされています。
天才になるためには、ある程度の秀才の力も必要でありますが、高い知識力が必ず天才として開花されるとも限りません。
教育問題として、知識を詰めるだけの教育だけでは望ましく無く、独自の発想力に価値を置く教育も必要なはずです。

Page Top